お掃除が楽チン♪楽しい♪便利グッズの通販ショップ

スッキリ生活♪お掃除の効果とコツ

お掃除には「精神面」と「衛生面」の2つの効果があります。そして、拭き掃除でも掃き掃除でも、単なる後片付けでも、お掃除効果を最大限に得るには、大きく分けて3つの基本を守って行うことが大切です。

まず、1つ目は、窓を開けて換気しながら、掃除をすること。

2つ目は、掃除する場所を限定すること。一度にアレもコレも…ではなく、狭くてもいいので、一か所ずつ確実に仕上げることが大切です。

そして3つ目は、午前中の、すべての始まりの前にやること。職場でも同様なのですが、朝一番の掃除は1日の準備おスタートなのです。今日も一日頑張るぞ!と声に出して気合いを入れてから始めるのが精神衛生上、効果が高いそうです。

具体的な精神面での効果とは…

反復作業の継続は、心を癒してくれます。

床、窓、台所など…拭くとか磨くといった反復動作は、脳内のセロトニンを増加させ、気持ちを落ち着かせる効果があります。イライラしたり、考えがまとまらなかったり、ストレスがたまっているという方には、この拭き掃除が大変おすすめなのです。精神科医もすすめるくらい、磨いているうちにこころがスッキリしてきて、気づいたらキレイになっているわけです。

実際にやってみると、拭いて磨いて掃除すると、モノや部屋が明るくなる・ピカピカになるという視覚的な変化と、それに伴う喜びが生まれてくるのです。

ゆえに、

掃除をした後の部屋が前より明るくなる = 気持ちが明るくなる

…の方程式が成り立つのです!

汚れている窓ガラスや照明器具を磨くと、部屋の中が明るくなります。ついでにカーテンも洗えば、一層効果が高まります。

窓ガラスの掃除は、一度、濡れ雑巾や古新聞紙などで汚れをざっとふき取ってから磨きます。水ぶきの後、もう一度からぶきすると、きれいに仕上がるものです。

照明器具を拭くときは、安全のために、必ずスイッチを切りましょう。

ちなみに、カーテンの洗濯は、洗って脱水をしたら、しわを伸ばしてそのままカーテンレールにつるし、自然乾燥させてしまえば物干し場のスペースをとりませんヨ!

人間は【誘目性】という性質によって、自然と光るものに目がいきます。だから、磨くとピカピカになるものを優先的に綺麗にすることで、気になるところが清潔になり、脳にも良い効果があるのです。

部屋中を一度に掃除するのは誰でも面倒です。よって、とにかく見えるところだけでもキレイにすることを心掛けましょう。特に、リビングでソファに座ったときに目につきやすい高さにあるテレビ、サイドボード、テーブルなどの埃の除去が優先されるべきことです。

また、昔からいわれているように、高い所から始めて低い所に移っていくのが掃除の基本です。

以上のように、毎日、少しずつでもキレイにしていくと、精神的にも安定し、ダニアレルギーなどの予防にも役立つワケです。